超オトク!おすすめのヘアケアセット!

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選
きし

きし

ヘアマスクでお悩みなあなたへ。当記事では美容師が教える「ヘアマスク」をランキング形式でご紹介しています。これを見れば悩みを解決することができます。どうぞご覧下さい。

シャンプー&コンディショナーに相次いで重要になるのが「ヘアマスク」です。ちなみにヘアマスク・ヘアパック・ヘアトリートメントについては、それほど大きな違いはなく、目的が同じアイテムです。

美容室専売のアイテムと対をなすのが「市販品」です。やはり大きな魅力となるのがコスパの良さです。

とはいえ、コスパが良いだけで選んでしまうと、髪や頭皮への使用感が悪かったりすることもあります、多くの女性はその中でも良いものを選びたいというのが本音でもあります。

市販品のヘアマスクやヘアパックはあんまり良くないって聞くけど、ドラッグストアの中でおすすめできるものはありますか?

こういった疑問を解決します。

きし

きし

市販品には、美容室専売品ほど品質が高いわけではありませんが、コスパも良く、それでいてバランスの良いモノはたくさんあります

ここでは、美容のプロとして、50種類以上の「市販品(ドラッグストア限定)」を使ってきた経験の中から良いと感じたものをまとめています

とくに上位3つはかなりおすすめです。

そんな市販品の中でも良いアイテムを、実際に使ってみて厳選してみました。

当カテゴリでは、髪に効果的な市販品のヘアマスクをランキング形式にして紹介していきます。市販品を選ぶコツについても丁寧に分かりやすくしているので、自分の髪に合ったシャンプーを探すためにもご覧いただけます。

スポンサーリンク
この記事の著者

美容師ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

美容師ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


美容師歴10年以上の経験を活かして、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。プロフィール詳細

ヘアマスクの正しい選び方

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選

きし

きし

まずは、ヘアマスクの選び方について分かりやすくお話します!

市販シャンプーの中から選ぶ時にしっておくべき知識もまとめているので参考にしてくださいね。

つま

つま

市販品とは?

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選

市販品は、スーパーやドラッグストアなど一般的な商店や店舗などで購入できる商品のことになります。

主なメリットには、価格の安さ(サロン専売品と比較すると)や購入のしやすさ、種類の豊富さなどがあります。

とはいえサロン専売品と対をなすようにメリットもあれば逆を言えばデメリットもあるため、髪の悩みや状態を見極める必要があります。

メリット
  • 価格が安いものが多い
  • 購入しやすい
  • 気軽に見ることができる
デメリット
  • ピンキリが大きい
  • 相談できない
  • 自分の髪質に合うものが分かりづらい
きし

きし

これらを総して「市販品」と呼びます。最近では種類も多く、迷いやすいので、次は良いヘアマスクの選び方を分かりやすくお話します。

市販品は「成分構成」が重要

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選

ランキング前に、ヘアマスクについて知っておくべき知識についてお話していきます。

「市販品のアイテムはダメなのか?」この質問はよく聞くことです。

結論から言うと、最近の市販品のクオリティは非常に高くて、基本的に悪い要素のないトリートメントやヘアマスクでは十分すぎると言っても良いです。

ではどうやって選ぶのかと言うと、成分構成を見極めます。

まずそもそもシャンプーやトリートメントといった化粧品は、成分表記が義務付けられています。

そのため、ある程度の良し悪しを判断する材料になってくれます。

ヘアマスクやトリートメントの基本的な成分構成は、

  1. 水(70〜80%)
  2. 高級アルコール(10〜20%)
  3. エモリエント剤・補修&保湿成分(10%〜)
  4. 防腐剤(5%〜)

大体はこのような感じになっています。

この中で重要になるのは、構成の順番③の補修や保湿成分です。

良い成分

  • オイル系(保湿成分)
  • コラーゲン系(保湿成分)
  • ヒアルロン酸(保湿成分)
  • エキス系(保湿成分)
  • 油系(保湿成分)
  • ケラチン系(補修成分)

一例ではありますが、良い成分になります。髪の水分保有率を高めてくれるのが上記のような成分です。

このような成分が配合されているものはおすすめです。

逆に、高級アルコールや防腐剤の成分が多いものだと、髪に必要な成分が少ないと予想できてしまうので控えた方が良いかもしれません

多い順から掲載されているため、ある程度の目安になるはずです。ただし目安程度です具体的な量自体は不明なので使ってみないと分からないのも頭入れる必要があります。

ダメージよりも髪質重視で選択する

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選
きし

きし

とくに注意してほしいのことなのですが、ダメージが気になるからといって保湿力の高いものを選ぶと、ベタついたり重くなる原因にもなります。

髪には、2種類の髪質がある

  • 吸水毛(きゅうすいもう)
  • 撥水毛(はっすいもう)

水分を吸水しやすいのが「吸水毛」、水分を吸水しにくいのが「撥水毛」となっています。乾きやすい吸水毛ではベタつきやすく、乾きにくい撥水毛ではパサツキやすい、など髪質によって特徴があります。

そのためダメージでシャンプーやトリートメントを選んでしまうと、ヘアスタイルが上手くまとまらない可能性もあります。

ダメージ状態に合わせて、ヘアマスクの種類を選ぶのではなく、あくまでも髪質でチョイスするようにすると選びやすくなります。

美容師のおすすめ「市販品ヘアマスク」

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選

この記事では、サロン専売のヘアマスクとは比較はしません。

それは、サロン専売品の方が髪の有効成分は良いですが、市販のトリートメントの良さは

コストパフォーマンス

だからです。安くても良いものがあるということ。

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選

多くの美容師さんは、市販のアイテムはダメと言っちゃいやすいですが、市販商品の中にもいいのものはたくさんあります。

つま

つま

ぼくの中では、3つのニーズがあると考えています。

3つのニーズ

  • コストは気にしないから髪にいいもの
  • 髪は気にしないからコスパのいいもの
  • コスパもよくて髪にもよいちょうど中間のもの

ここでは、「コスパもよくて髪にもよいちょうど中間のもの」という人に向けてをランキング式にして、分かりやすくお話します。

ヘアマスクには、髪のダメージを直す(治す)というよりも、使うことによってダメージさせないという「これからの髪をキレイにする」という目的があります。

そもそも髪は一度ダメージになってしまうと、元通りのキレイな状態にすることができません。

トリートメ ント剤は髪の損傷を進まないように保護するとともに,ある程度の修復 を目的とした商 品です

引用元:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

ですが、トリートメントといっても適当に選んでしまうと、髪質によっては相性が悪いケースもある(スタイルがまとまりづらくなったり、スタイリングがしづらくなる)ため、自分にあうものを選ぶ必要があります。

トリートメ ント剤 の主成分はリンス剤とほぼ同様で ありますが,各成分の配合量が多くなるとともに,パーマやヘアダイなどの毛髪損傷により失われた成分を補 うために蛋白質が配合 されてい るのが特徴です.

引用元:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

そして、世の中にはたくさんのトリートメントがありますが、単に価格や成分だけで選んでしまうと、あなたの髪に合う成分が配合されていない可能性があり、むしろ逆効果です。

そこで失敗しないアイテムを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。 基準としては、使用感などの使いやすさと髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。

目的に合わせたヘアマスクを

ドラッグストア限定!美容師おすすめの市販「ヘアマスク&パック」10選

とはいえ簡単に良し悪しを決めることはできません、市販品のヘアマスクには良い商品がたくさんあるからです。

そこでTOP10としてにそれぞれをランキング分けしています。それぞれ一長一短あるので特徴を並べてみました。

ロングヘアでくせ毛の私がモデルとなって採点しています、ご参考になればと思います!

つま

つま

流し読みして、気になったヘアマスクの紹介文を読んでくださいね。

※トリートメント画像はクリックできます。

加えて、失敗しないヘアマスクを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。

※随時更新していきます(2020年)

目次に戻る

(◎ = 一番良い ○ = かなり良い △ = やや微妙 ☓ = 良くない)

商品名おすすめ度使用感保湿力補修力コスパ
エイトザタラソ
★★★★★
アンドビオ
「&bio(アンドビオ)ピュアモイスト ヘアパック1.5」を美容師が実際に使ったレビュー記事【市販】
★★★★★
ミクシムサプリ
★★★★★
アンドハニー
★★★★★
ムジ
★★★★★
フィーノ
★★★★
ヘアザプロテイン
★★★★
ラッテ
★★★★
アミノメイソン
★★★
ハニーチェ
★★★

10位「Honeyce(ハニーチェ)

ハニーチェ

クリーミーハニー ヘアマスク

「ハニーチェ クリーミーハニー ヘアマスク」を美容師が実際に使ったレビュー記事【市販】

使いやすさ: ★★★★☆

使用感  : ★★★☆☆

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

ハチミツを活かしたヘアケアアイテム

ハチミツ由来のダメージケア&予防成分が傷んだ髪を徹底補修するためのアイテムです。

  • ダメージの徹底補修&ダメージ予防
  • UV&熱ダメージケア
  • ほめられハニーの香り

傷んだキューティクルに高密着して、髪を補修するだけでなく、新たなダメージまで予防するヘアマスクです。

実際に使ってみましたが、使用感も良く、仕上がりも良かったアイテムでした。

使用感としては、粘度はしっかり硬さがあるため、下に落ちるなどのストレスもなく、それでいて髪につけた際にはスッと馴染んでくれます。

さらにシリコン成分も少ないので、余計なベタつきはほとんどなくて、ベタベタが苦手な人にもおすすめできます。

ただしシリコン成分が弱いからか、くせ毛やロングヘアなどパワーを求める人にとっては少し物足りなさも感じるかもしれません。それでも決して悪くはないので、試してみる価値は十分にあります。

とくにコスパが良くて、200gで990円はかなり良い方です。内容的にも考えても良いアイテムです。

つま

つま

実際に使ってみた感じでは、くせ毛の広がりやまとまりが良い感じになってくれます。上では少し物足りなさがあるとは書いていますが、あくまでも個人的に感じる程度です。

比較表に戻る

目次に戻る

9位「Aminomason(アミノメイソン)

アミノメイソン モイスト

バターミルク マスクパック

ステラシード「アミノメイソン モイスト マスクパック」を美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★★★☆

使用感  : ★★★☆☆

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

マスク+パックのケアアイテム!

ヘアマスクとパックが一つになったスーパーアミノ酸処方(保湿)でケアをすることができる濃密マスクパックです。

  • オリジナルで独自のアミノ酸処方
  • サルフェートフリー処方
  • ホワイトローズブーケの香り

ナノテクノロジーにより低分子化したことで、ダメージ部までしっかり入り、ダメージを補修し潤してから、髪の表面をコートするようにフタをします。

実際に使ってみましたが、使用感も良く効果も高いため、使い勝手の良いマスクパックでした。

効果も高いため、ダメージやこれから髪を伸ばしていきたいという悩みがある場合にはおすすめの内容になっています。

くせ毛や硬毛などにも効果を実感することができるスペックになっているので、ぜひ試してみてください。

つま

つま

比較表に戻る

目次に戻る

8位「ma&me Latte (マーアンドミー ラッテ)」

マー&ミー ラッテ

ダメージケア トリートメント

使いやすさ: ★★★☆☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

「母娘で使える」へアトリートメント!

ラッテのトリートメントの特徴は、リッチミルクのような濃厚トリートメントでしっとりとやわらかな質感にしてくれるアイテムです。

  • 高濃度プレミアムWミルクプロテイン配合
  • サルフェートフリーで安心安全
  • アップル&ビオニーの香り

ダメージが気になる髪はもちろん、乾燥しやすい頭皮も保湿してくれるトリートメントです。

実際に使ってみましたが、使いやすいため使い勝手が良く、効果も高いため、かなりおすすめできるアイテムでした。

とくに頭皮も保湿できるアイテムというのが、便利ポイントの一つです。とくに頭皮が乾燥しているという方は意外にも多くて、頭皮トラブルを改善できるのは嬉しいはず。

もちろん高い保湿力が逆にネガティブになる髪質(例えば、細毛や猫っ毛など、べたつきやすい髪質の方)もあるので注意が必要です。

つま

つま

市販品の中では、高い保湿力と使い勝手の良さがあるため、間違いなくおすすめのダメージケアトリートメントになっています。

比較表に戻る

目次に戻る

7位「HAIR THE PROTEIN(ヘアザプロテイン)」

ヘアザプロテイン

モイストヘアマスク

【実証】「HAIR THE PROTEIN(ヘアザプロテイン)モイストヘアマスク」を美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★★★☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

独特な「プロテイン成分」がポイント

ヘアザプロテインの特徴が、新発想となる「プロテイン」でキレイにするという内容

  • ハイダメージを変えるプロテイン補修
  • 美容室をターゲットにしたサロンユース品質
  • 独自のプロテイン成分でタンパク質補給
  • アクアブロッサムの香り

実はタンパク質は身体の筋肉だけでなく、髪にとっても重要な成分の一つです。補給することで簡単にケアをすることができます。

実際に使ってみましたが、高い保水力や良い香りなど、使いやすい内容のヘアマスクでした。

大量のたんぱく質成分が入れられているだけでなく、他にもたくさん栄養のあるものがあるので、普通に髪をキレイにしてくれる使用感になっています。

とくに「モチモチ」っとするほどの質感は、使っていて気持ち良くなります。市販品でもこのクオリティに少し驚きます。

ダメージを気にされている人なんかには非常に相性が良く、嫌なベタつきなどもないため、不足しがちなたんぱく質をガッツリ補給することができます。

つま

つま

ダメージ毛は水分でもあるCMC層が大きく損傷しているため、手触りもザラザラしています。そこにトリートメントやヘアマスクを使うことで補うことができるものですが、シリコン性が強いものだとベタついてしまうことがあります。とくに保湿力が高いものであればあるほど。

ですが、ヘアザプロテインでは高い保湿力のある使用感があるにも関わらず、仕上がりは「軽い」質感になってくれます

比較表に戻る

目次に戻る

6位「fino(フィーノ)

フィーノ

プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

資生堂「フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク 」を美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★☆☆☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★★★★

一言でいうと

最強のコスパヘアマスク!

フィーノのヘアマスクの特徴は、スキンケアに使われている2つの美容成分を配合した高保湿ができるアイテムです。

  • ローヤルゼリーEX配合
  • 毛髪ひきしめ効果PCA配合
  • グレースフローラルの香り

アミノ酸やミネラルを豊富に含み、毛髪内部の傷んだ部分に浸透して髪を保護・保湿してくれます。

実際に使ってみましたが、手触りや質感などかなり良くなります。ヘアマスク自体もしっとりしていますし、髪への浸透を手で感じることができるレベルです。

とはいえやはり価格に見合った内容になっているので、期待のしすぎは注意。やはりパワー不足を感じるため、髪質によっては効果を感じづらいかもしれません。

とくにくせ毛やロングヘア、補修成分もないためダメージヘアにも少し弱め。

わたしはくせ毛ですが少し物足りない内容でした。う〜ん残念。

つま

つま

ヘアマスクを使っている時はツルツルにはなりますが、乾かしてみると思ったよりも感じることができません。やはり期待しすぎるのはダメですね。

とはいえ確かに価格の安さはポイントです。さらに低価格なのに効果的な内容なので、それだけでも使う価値はあると思います。

比較表に戻る

目次に戻る

5位「MUJI(無印良品)

ムジ ヘアパック

使いやすさ: ★★★★☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★★★☆

一言でいうと

「トータルバランス」の高いヘアパック!

MUJI(無印良品)のヘアパックは、シンプルかつ、品質の高さを感じることができるアイテムです。

  • 種類の植物オイル配合
  • 無添加・無着色・無鉱物油・アルコールフリー
  • シトラス調の香り仕上げ

実際に使ってみましたが、バランスが良いだけでなく、効果も高いヘアパックでした。

保湿力(しっとり感)もしっかりありつつ、ベタつくも少なく使用感のいいアイテム、それでいてトリートメントとしても効果が高いです。さらに香りも良いので、柑橘系の香りはリラックスすることもできるため、まさに非の打ち所がないアイテムでした。

成分構成はやや微妙なのは気になりますが、そこを考えないようにすると、かなり良い内容のアイテムになっています。

市販品と比較しても、頭一つとびぬけている使用感と保湿力の高さは、かなり好印象のアイテムでした。

私も使ってみて、くせ毛のおさまり度やしっとり感には少し物足りなさは感じましたが、それでも価格を考えると十分すぎる内容です。

気になる方はぜひ試してみてくださいね。

つま

つま

比較表に戻る

目次に戻る

4位「&honey Melty(アンドハニーメルティ)」

アンドハニー メルティ

モイストリペア ヘアパック1.5

【実証】「&honey Meltyモイストリペア ヘアパック1.5」を美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★★✮★

使用感  : ★★★✮✮

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

くせ毛ケア×ヘアケアの贅沢なヘアパック

髪の水分量に着目して、髪のうねりやくせ毛などをケアすることができるところです。

  • シア&ハニーの天然泡で潤いを残しながら洗髪
  • うねり&くせ毛を改善する保水うねりケア
  • オリエンタルローズハニーの香り

ハニーオイルが、髪のパサつきやうねりを整え、なめらかな指通りに。

実際に使ってみましたが、高い保湿力やクセのない香りで、使いやすい内容のヘアマスクでした。

150種類もの栄養素が入っている「ハチミツエキス」40種類の栄養成分が含まれる「ローヤルゼリーエキス」が入っていて、これだけでも髪の毛には良いといえる商品でこの価格帯ではお得に感じます。

とくに使った時の「スルスル感」は使っていて気持ちよく、とくにロングの方は実感しやすいと思います。

ダメージを気にされている人や、髪の毛が乾燥している人にはとても相性がよく、抜け落ちてしまった髪の栄養素を補給してくれる効果が期待できます。

つま

つま

引用&honey Melty(アンドハニー メルティ)公式サイト

うねりの原因としてあげられる原因として、髪の毛の中の水分量の不足や、水素結合のバランスの乱れ。それは元々の髪質もありますが、日常でのダメージや、ケア不足、ケミカルダメージ(パーマやカラーダメージ)が関係します。

このアンドハニーメルティでは、その失った水分量を補うことでうねりを解消し、その後もその水分を逃さないようにふんだんに保護成分が入っています。

比較表に戻る

目次に戻る

3位「mixim suppli(ミクシムサプリ)」

ミクシムサプリ

セラミドリペアパック

「mixim suppli(ミクシムサプリ)セラミドリペアパック」を美容師が実際に使った評価レビュー【市販】

使いやすさ: ★★★★✮

使用感  : ★★★✮★

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

髪のダメージことを徹底してケアするヘアパック

シャンプーの後のデリケートな髪にセラミドをしみ込ませる

  • 製品の90%以上が美容液成分
  • 特に傷んだ髪に「集中」補修ケア
  • 有機ワイルドベリーの香り

ヘアケアに特化させたヘアパックで、髪トラブルを解決するためのシリーズアイテム。

実際に使ってみましたが、バランスも良く、非常に使い勝手の良いアイテムでした。市販品でこれだけのクオリティがあるのならとりあえずおすすめできる内容でした。

そもそも、シャンプーとトリートメントとの間に挟むという設計のヘアパックなので、スペックを最大限活かすためには手間がかかるように感じますが、これどのアイテムでも共通なので、単品使いでも重ね使いでも問題ありません

少し分かりづらいので具体的に解説しますと、美容師として業務中では、ヘアパックやヘアマスクなどは基本的にはトリートメントの後に使用したりします(このアイテムは前ですが順番が逆なだけ)。よく勘違いがされる方がいらっしゃいますが、ヘアマスクをつけたらトリートメントをつけないということはなくて、両方使うのが基本的なセオリーとなります。

つまり、良し悪しの判断は重ねて使うことを前提に考えるのが個人的な判断となります。

このアイテムでは、ベタつきが一切なく、しっとりとパワーのある使用感はむしろ好印象の内容で、。重ねて使うことでもネガティブとなる感じもないのでかなり良かったです。

比較表に戻る

目次に戻る

2位「&bio(アンドビオ)

アンドビオ

ピュアモイスト ヘアパック1.5

「&bio(アンドビオ)ピュアモイスト ヘアパック1.5」を美容師が実際に使ったレビュー記事【市販】

使いやすさ: ★★★✮★

使用感  : ★★★✮✮

コスパ  : ★★★★☆

一言でいうと

新しい毛髪科学「保水バイオ美容」の浸透ヘアパック

バイオテクノロジーとオーガニックの融合で、幅広く対応することができるシリーズ。

  • バイオテクノロジー原料50%、オーガニック原料50%の独自配合比率
  • 髪の平均水分量を上げることで仕上がりの質感を調整
  • ホワイトリュクスの香り

バイオテクノロジー原料とは、最新のバイオ技術によって培養された植物から貴重な美容成分を抽出し、生まれた原料です。

実際に使ってみましたが、バランスも良く、非常に使い勝手の良いアイテムでした。市販品でこれだけのクオリティがあるのならとりあえずおすすめできる内容でした。

そもそも、シャンプーとトリートメントとの間に挟むという設計のヘアパックなので、スペックを最大限活かすためには手間がかかるように感じますが、これどのアイテムでも共通なので、単品使いでも重ね使いでも問題ありません

少し分かりづらいので具体的に解説しますと、美容師として業務中では、ヘアパックやヘアマスクなどは基本的にはトリートメントの後に使用したりします(このアイテムは前ですが順番が逆なだけ)。よく勘違いがされる方がいらっしゃいますが、ヘアマスクをつけたらトリートメントをつけないということはなくて、両方使うのが基本的なセオリーとなります。

つまり、良し悪しの判断は重ねて使うことを前提に考えるのが個人的な判断となります。

このアイテムでは、ベタつきが一切なく、しっとりとパワーのある使用感はむしろ好印象の内容で、。重ねて使うことでもネガティブとなる感じもないのでかなり良かったです。

比較表に戻る

目次に戻る

1位「8THE THALASSO(エイトザタラソ)」

エイトザタラソ

リッチコート&ハイモイスト 美容液ヘアマスク

使いやすさ: ★★★★✮

使用感  : ★★★✮★

コスパ  : ★★★★★

一言でいうと

新しい毛髪科学「保水バイオ美容」のヘアケアアイテム

バイオテクノロジーとオーガニックの融合で、幅広く対応することができるシリーズ。バイオテクノロジー原料とは、最新のバイオ技術によって培養された植物から貴重な美容成分を抽出し、生まれた原料です。

  • 最先端のスキンケア技術をかけ合わせたヘアケア
  • 髪の内外をトータルケア
  • 5つのフリー処方

さらにヘアケアだけでなく、エイジングケアまでできてる万能的なヘアケアアイテムです。

実際に使ってみましたが、ダメージヘアやくせ毛、ヘアカラー毛やパーマなどにも使いやすく、手触りを良くしたい場合には間違いなくオすすめになるアイテムの1つです。

保湿力も非常に高いため、矯正もとも相性が良いので、まさに万能なヘアマスクと言えるでしょう。

非常に使い心地は良い感じです、特にくせ毛との相性も良いためダメージヘアーだけでなくアプローチできる幅がとても広いなと言う印象。

私のようなくせ毛でロングヘアでまとまりづらい髪にも、とてもよくまとまってくれくせ毛もかなり緩和されたのでかなり気にいっています。

つま

つま

とはいえ、細毛や猫っ毛などボリュームが少し必要になる髪質の場合には少し相性が悪いなと言う印象もあります。

「ヘアマスク」とは?

きし

きし

まずは、ヘアマスクについて分かりやすくお話していきます。

シャンプー&コンディショナーに相次いで重要になるのが「ヘアマスク」です。

つま

つま

ヘアマスク・ヘアパック・ヘアトリートメントについては、それほど大きな違いはなく、目的が同じアイテムです。

  1. ヘアパックは補修効果・栄養補給がある
  2. ヘアマスクは補修効果・潤い効果がある
  3. ヘアトリートメントは補修効果・栄養効果・潤い効果・栄養補給がある

つまり、3つとも名称こそ違いますが、ダメージ補修・栄養補給・保護などを目的にしたスペシャルケア用のアイテムのことです。

シャンプーなどのように、ノンシリコンやオーガニック・ボタニカルなどはなくて、基本的にはシリコンのしっとりタイプのみです。

ヘアマスクの目的

きし

きし

へアマスクの目的が、髪のダメージホールとなる空白に補修成分(ケラチン・ビタミン)をいれて、髪をキレイにするためです。

イメージ図

コルテックス

髪質によっては、補修成分の密度が高いため毎日するとベタついたりもするので、注意が必要になります。

ヘアマスクの必要性

きし

きし

へアマスクの必要性についてもお話します。

ヘアマスクはすぐにでも使うことをおすすめすアイテムです。

つま

つま

ヘアマスクの必要性は「髪がキレイになる」ということです。

シンプルに考えてみたら、トリートメントを髪につけているので髪に悪いということはなく、良いことしかありません。

さらに、「ダメージヘアが気になるからマスクを使いたい…」というご相談を受けたことがありますが、実はダメージヘアではすでに手遅れです。一番の必要性なのが

”髪をダメージから守る”

ということにあります。

ここではさまざまな視点からをヘアマスクのメリット・デメリットを話します。髪には色々な外的要因から守る必要性というものがあります。

ダメージの種類
  • 紫外線のダメージ
  • 熱のダメージ
  • 摩擦のダメージ
  • カラーのダメージ
  • パーマのダメージ

これらの外的要因から髪を守る必要があります。

マスクによって、髪のまとまりがつくのはそのダメージホールを防いでくれる役割もあるからなのです。

日本人の髪の毛はダメージを受けやすい

洗い流さないトリートメント

これは欧米人との比較しているグラフです。日本人は欧米人に比べ、コレステロール値が半分以下にまでなっています。

これらは髪を守ってくれる数値と言ってもよいものです。

そのためヘアマスクは女性にとって必需品といってもいいアイテムなのです。

ヘアマスクの効果的な使い方

【市販限定】「ヘアカラー」におすすめのヘアマスク&ヘアパック「TOP5」
きし

きし

ヘアマスクやヘアパックの正しい使い方についてもレクチャーします。 

ヘアマスクは基本的には、シャンプーの後に使います。

ヘアマスクの使い方は「毛先中心」

ヘアマスクは、洗髪(シャンプー)後に塗布
  1. 根本の髪から毛先までしっかりと水分をきる
  2. 毛先から「揉み込み」ながらつける
  3. 手ぐしですべらしていく
  4. コームで髪をキレイにする
  5. 時間をおくor流す

①まずすべきなのは根本から毛先までしっかりと水分をしぼって、水気をきります。水分が残っているとマスクが水分と一緒に流れてしまいます。

②毛先から揉み込みながらマスクをつけます。ギュッギュッと握るようにして髪の中に水分を入れ込みます。

③揉み込みの後は、髪の中間から毛先まで手ぐしですべらしてキレイにします。ダメージが気になる場合は、②と③を繰り返します

④その後にコームで髪をキレイに整えます。

⑤時間をおく、もしくは流しておわりです。

ヘアマスクのタイミングは「シャンプーの後」

きし

きし

へアマスクのタイミングは、シャンプーの後です。髪を洗髪すると素の状態である「素髪」になります。

その素髪状態がベストなタイミングです。

コンディショナーやリンスのつけた後につけるの?

というのもよくありますが、使用する前にヘアマスクをつけましょう。

ダメージホールに水分を入れ込むのが、コンディショナー(リンス)とヘアマスクの目的です。

コンディショナーやリンスに比べて、補修力が何倍も高いのがヘアマスクですが、コンディショナーなどを先に髪に入れ込んでしまうと、髪がパンクしてしまいます。要はコップから水が溢れてしまう現象です。

つまり、ヘアマスクのタイミングはシャンプーの後の「素髪」にした後です。

「5〜10分」時間おくのが最適

きし

きし

そのまま流しても効果はありますが、時間をおくことがヘアマスクの最適になります。

およそ、5〜10分ほどおくことで、髪に補修成分が浸透するので髪がやわらかくなってくる

  • 温かいホットタオルでターバン
  • 湯船に浸かって蒸気でスチーム

忙しい方は、上手く時間を管理して休日の日にしましょう。

ヘアマスクの頻度は髪の状態によって変える

ヘアマスクの頻度は髪のダメージ状態によって変えるのが最適
  1. カラー・パーマを1〜2回は週に2回
  2. カラー・パーマを2回以上は週に2〜3回
  3. ブリーチ毛は各日に一度

みたいな感じが最適だと考えています。

あまり頻度が高すぎると、上記でお話したように髪から水分が溢れてしまうだけなので、やりすぎには注意しましょう。髪質によってはベタつく可能性もあります。

きし

きし

この他にもたくさん記事を書いていますので、参考にしてくださいね。