超オトク!おすすめのヘアケアセット!

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

12 min
きし

きし

当記事では美容師が縮毛矯正におすすめする「ヘアマスク&ヘアパック」をテーマについてご紹介しています。これを見ればどんなアイテムを使うべきか悩んでいる方の参考になるはずです。どうぞご覧下さい。

縮毛矯正をしているんだけど、おすすめのヘアマスクはありますか?たくさんありすぎてどれが良いかわからなくて…。あと、なんで縮毛矯正したらヘアケアが必要になりますか?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

縮毛矯正におすすめのヘアマスク&ヘアパックの紹介

くせ毛を縮毛矯正して、キレイなサラサラのストレートヘアを手に入れても、それで終わりではありません。

上記のような質問は縮毛矯正をしている人が抱える悩みでもあります。とくに縮毛矯正している髪には丁寧に、かつ慎重に扱ってあげる必要があります。

なぜかと言うと、縮毛矯正とは、キレイに見える(ストレートだから)ためそう感じることは少ないかもしれませんが、いつどうなっても仕方ない”ダメージヘア予備軍”のような状態だからです。

だからこそ、キレイな状態を維持するために必要になるのは「ヘアケア」なのです。そんなヘアケアで重要になるのは「ヘアマスク」です。

きし

きし

ヘアマスクやヘアパックは、ストレートヘアに「必須」といっても良いです。

  • 矯正のダメージケアもできる
  • ツヤ感やまとまりをつくる
  • ダメージから髪を守ってくれる

縮毛矯正をする方は、ぜひにでも参考にしてください。

そこで今回の記事では、美容師が教える縮毛矯正におすすめのヘアマスクをポイント付きで紹介していきます。ヘアケアの必要性やおすすめなどを美容師として正しくお伝えばと思って記事にまとめています。

この記事で分かること

  • 縮毛矯正にヘアマスクが必要になる理由
  • 美容師が選ぶおすすめのヘアマスク&ヘアパック
  • 美容師のアドバイス
スポンサーリンク
この記事の著者

美容師ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

美容師ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


美容師歴10年以上の経験を活かして、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。プロフィール詳細

なぜ「ヘアケア」が必要?

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

きし

きし

まずは、なぜ縮毛矯正にヘアケアが必要なのかということをお話していきます。

縮毛矯正というのは、本人が生まれ持った縮毛(くせ毛)をほぼ完全に直毛の状態に固定・矯正する美容技術の一つです。

ほぼ完全と言うのは、くせ毛の度合いや髪質によって仕上がりが異なるからです。

「ストレートパーマ」と呼ばれたりもする美容室専用の技術ですが、ストレートパーマとは違います、別記事にもまとめているので参考にしてください。

関連【縮毛矯正とストレートパーマの違い】美容師が教えるそれぞれの特徴とメリット

還元,熱処理後の酸化によるキューティクルやコルテックスだのダメージ[3],システイン酸の生成とダメージとの関係[4],曲げ強度に対する酸化の影響[5]など興味深い報告がある,このように還元剤と酸化剤を組み合わせた縮毛矯正技術において毛髪が受けるダメージは,多かれ少なかれ不可避であることが分かっている,

引用元:グリオキシル酸で熱処理して調整されたストレート毛髪の構造とその伸長特性❘株式会社 資生堂 グローバルプロフェッショナル事業本部

そんな縮毛矯正している髪というのは、とてもデリケートな髪なのです。

毛髪は羊毛 とよ く似ていて,化 学的に も物理的 にも羊 毛の研究成果が役立 ちます.羊 毛 も人の頭髪 もその表面 は スケールによって被われていて,こ の最外層 の細胞を キューテ ィクル(Cuticle)と 呼んでいますが,キ ューテ ィクルは化学 的抵抗性 も強 く,内 部 の毛髪繊維 の90%を 占めていて髪 の太 さ,弾 力性,柔 軟性を支配 して水分 の コン トロールを してい るコルテ ックス(Cortex)と メデ ュラ(Medulla)と 呼ばれ る内側 の細胞を保護 していま す.

引用元:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

縮毛矯正はあなたが思っているよりも敏感な状態なのです。

つま

つま

縮毛矯正は直毛だからパサツキに敏感

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!
きし

きし

縮毛矯正は、”ストレートヘアにする”ための技術なので、パサツキの見た目に敏感です。

縮毛矯正をした部分というのは、くせ毛が戻るということは基本的にはありません。しかし、生まれもったくせ毛を真っ直ぐにするということは、それなりにリスクもあるということです。

そのリスクというのが「ヘアダメージ」なのです。

つまり、ヘアケアをしないと、ヘアダメージのせいでパサツキが目立ちやすくなってしまい、ストレートなのにストレートに見えづらくなり、くせ毛っぽく感じてしまいます。

縮毛矯正は実はヘアダメージ予備軍

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

縮毛矯正のプロセスとしては、薬剤とヘアアイロンの熱を使うために、とくに髪への負担が大きいものになっています。

つま

つま

上でもお話したように、縮毛矯正のリスクというのが「ヘアダメージ」です。

縮毛矯正のプロセスとしては、薬剤浸透+ヘアアイロンによる熱処理によって髪への負担はとても大きいものになっています。ヘアケアをおろそかにすることで、深刻なヘアダメージになってしまいます。

「くせ毛だから、ストレート(縮毛矯正)しよう」と、いうのが悪いわけではありませんが、縮毛矯正をする時にはある程度リスクのことも考えて、髪にあったヘアケアをすることをおすすめしているのです。

スポンサーリンク

【PR】最強のヘアケアセット

 LaSana Premior 

 ラサーナ プレミオール 

 Shampoo 

 プレミオール シャンプー 

 Essence 

 プレミオール エッセンス 

トータルバランスの優れたヘアケアセット。洗浄性と保湿性に優れ、初めての方に嬉しいトライアルセットが最強のコストパフォーマンスになっているので、ぜひ使ってみてほしい一品

Shampoo&Treatment【レビュー記事】【公式
Essence【レビュー記事】【公式

 Premior 

  プレミオール 

 シャンプー&エッセンス

トータルバランスの優れたヘアケアセット。洗浄性と保湿性に優れ、初めての方に嬉しいトライアルセットが最強のコストパフォーマンスになっているので、ぜひ使ってみてほしい一品

Shampoo【レビュー記事】【公式

Essence【レビュー記事】【公式

なぜ「ヘアマスク」が必要?

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

きし

きし

では「なぜヘアケアにヘアマスクが必要になるのか」について話していきます。

大体の方が、ヘアケアをするならばと考えると連想するのはトリートメントになるはずです。

今回の記事で紹介しているのは、ヘアマスク、もしくはアウトバスとも呼ばれるアイテムです。

ダイレクトに髪に必要となる成分を補給することができるため、ヘアマスクはヘアケアに非常に効果的です。

カラー,パーマ,ブラッシ ングなど毛髪がさまざまな外的な刺激に晒されると,最 外部に位置するために初めに損傷を受けやすい。損傷を 受けたキューティクルは平滑でなくなったり,また層間 で剥離し浮き上がると乱反射や散乱を引き起こす。

引用元:美しい髪の機構と毛髪の構造|花王株式会社ヘアケア研究所美容センター

つま

つま

縮毛矯正をかけた髪は、とてもデリケートなので、良いトリートメントを使ったヘアケアがとても実用的かつ効果が高いのです。

  • 矯正後の髪は水分が流出しやすく囲ってくれる
  • さまざまダメージから守る
  • ダメージだけでなくパーマがとれにくくなる

さらに具体的にヘアマスクの効果についてお伝えします。それぞれ順にお話していきます。

水分が流出を防ぐ

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

まず、髪の表面にある「のり」のような皮のことを「キューティクル」といいます。

毛髪は羊毛 とよ く似ていて,化 学的に も物理的 にも羊 毛の研究成果が役立 ちます.羊 毛 も人の頭髪 もその表面 は スケールによって被われていて,こ の最外層 の細胞を キューテ ィクル(Cuticle)と 呼んでいますが,キ ューテ ィクルは化学 的抵抗性 も強 く,内 部 の毛髪繊維 の90%を 占めていて髪 の太 さ,弾 力性,柔 軟性を支配 して水分 の コン トロールを してい るコルテ ックス(Cortex)と メデ ュラ(Medulla)と 呼ばれ る内側 の細胞を保護 していま す.

引用元:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

矯正をかけたストレートヘアでは、キューティクルがはがれやすくなっています。そのため髪にある水分が流出しやすくなり、パサツキや髪のダメージの要因にもなります。つまり、シャンプー&トリートメントでは髪をコーティングのように膜のように包んでくれる効果もあります。

さまざまダメージから守る

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

縮毛矯正をする上では、ブローをしたケアやスタイリングが必須になります。そのため傷みやすいストレートヘアを毎日のスタイリングから守ってあげる必要があります

そのほかのダメージ
  • 紫外線
  • ほこり
  • 大気汚染
  • 摩擦

これらのことからも、矯正後の髪は傷みやすくなっています。そのためトリートメントで大事な髪を保護する必要があります。

矯正がとれにくくなる

これらのダメージソースを減らしておくことで、結果として「縮毛矯正がとれにくい」髪にすることができます。

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

髪の芯でもあるメデュラ部分や、水分でもあるたんぱく質、コルテックスがとても重要になりますが、ダメージヘアを分かりやすく言うとこれらの成分が少ない状態のことです。

ダメージヘアになってくると、パサツキやまとまりの悪さになり、矯正がとれやすくなるので、ダメージを防ぐことは矯正自体をとれにくくすることに繋がるのです。

スポンサーリンク

効果のあるヘアマスクを選ぶ

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!
見たいところへショートカット

きし

きし

ここでは、実際に使ってみてよかったモノのポイントを見極め、良いアイテムの選び方のポイントをお話します。

ヘアマスクには、髪のダメージを直す(治す)というよりも、使うことによってダメージさせないという目的があります。

そもそも髪は一度ダメージになってしまうと、元通りのキレイな状態にすることができません。

トリートメ ント剤は髪の損傷を進まないように保護するとともに,ある程度の修復 を目的とした商 品です

引用元:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

ですが、トリートメントといっても適当に選んでしまうと、髪質によっては相性が悪いケースもあるため、自分にあうものを選ぶ必要があります。

トリートメ ント剤 の主成分はリンス剤とほぼ同様で ありますが,各成分の配合量が多くなるとともに,パーマやヘアダイなどの毛髪損傷により失われた成分を補 うために蛋白質が配合 されてい るのが特徴です.

引用元:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

ヘアマスクを選ぶポイント

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

髪には、2種類の髪質がある

  • 吸水毛
  • 撥水毛(はっすい)

水分を吸水しやすいのが「吸水毛」、水分を吸水しにくいのが「撥水毛」となっています。水分を吸収しやすい反面、乾燥しやすい吸水毛と、水分自体を弾いてしまう撥水毛。

自分がどちらになるのかを理解するのも、相性の良いへマスクを選ぶ上では大切なポイントになります。

自分がどちらになるのかを理解するのも、相性の良いトリートメントを選ぶ上では大切なポイントになります。

あまり良く分からない場合は、行きつけの美容師さんに確認するのも一つです。

つま

つま

ダメージよりも髪質重視で選択する

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!
きし

きし

とくに注意してほしいのことなのですが、ダメージが気になるからといって保湿力の高いものを選ぶと、ベタついたり重くなる原因にもなります。

せっかくの動きのあるヘアスタイルの邪魔をする

ヘアマスクは、ダメージ度合いで選ぶのではなくて、髪質に合わせて選ぶようにしましょう。

そして一番大きいポイントとして、サロン品か市販品かの選択肢が生じます。

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

ここでは、

  • 市販品(ドラッグストアのみ)のヘアマスク&ヘアパックを5つ

個人的な主観と偏見にはなりますが、良かったものをピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

「市販」おすすめのヘアマスク

【市販品】縮毛矯正におすすめ「ヘアマスク&ヘアパック」TOP5!

きし

きし

次は、ドラッグストアなどで購入できる市販のヘアマスクを紹介します。

市販品のアイテムの一番の魅力といえば、

コストパフォーマンス

です。

とはいえ、コスパが良ければそれで良いのかといえばそうでもなく、たくさんある市販の中でも良いものをピックアップします。

ぼくの中では、重要な3つのポイントがあります。

  • コストは気にしないから髪にいいもの
  • 髪は気にしないからコスパのいいもの
  • コスパもよくて髪にもよいちょうど中間のもの

市販のものは、性能はサロン専売に劣るもののコスパの良くて、使いやすいものが多いです。

つま

つま

ここでは、「コスパもよくて髪にもよい、ちょうど中間のもの」という人に向けてをランキング式にして、分かりやすくお話します。

(◎ = 一番良い ○ = かなり良い △ = やや微妙 ☓ = 良くない)

商品名おすすめ度ツヤ感保湿力補修力コスパ
エイトザタラソ
★★★★★
アンドビオ

★★★★★
MUJI
★★★★
フィーノ
資生堂「フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク 」を美容師が実際に使ったレビュー記事
★★★★
アンドハニーメルティ
【実証】「&honey Meltyモイストリペア ヘアパック1.5」を美容師が実際に使ったレビュー記事
★★★★

5位「&honey Melty(アンドハニーメルティ)」

アンドハニー メルティ

モイストリペア ヘアパック1.5

【実証】「&honey Meltyモイストリペア ヘアパック1.5」を美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★★✮★

使用感  : ★★★✮✮

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

くせ毛ケア×ヘアケアの贅沢なヘアパック

髪の水分量に着目して、髪のうねりやくせ毛などをケアすることができるところです。

  • シア&ハニーの天然泡で潤いを残しながら洗髪
  • うねり&くせ毛を改善する保水うねりケア
  • オリエンタルローズハニーの香り

ハニーオイルが、髪のパサつきやうねりを整え、なめらかな指通りに。

実際に使ってみましたが、高い保湿力やクセのない香りで、使いやすい内容のヘアマスクでした。

150種類もの栄養素が入っている「ハチミツエキス」40種類の栄養成分が含まれる「ローヤルゼリーエキス」が入っていて、これだけでも髪の毛には良いといえる商品でこの価格帯ではお得に感じます。

とくに使った時の「スルスル感」は使っていて気持ちよく、とくにロングの方は実感しやすいと思います。

ダメージを気にされている人や、髪の毛が乾燥している人にはとても相性がよく、抜け落ちてしまった髪の栄養素を補給してくれる効果が期待できます。

つま

つま

引用&honey Melty(アンドハニー メルティ)公式サイト

うねりの原因としてあげられる原因として、髪の毛の中の水分量の不足や、水素結合のバランスの乱れ。それは元々の髪質もありますが、日常でのダメージや、ケア不足、ケミカルダメージ(パーマやカラーダメージ)が関係します。

このアンドハニーメルティでは、その失った水分量を補うことでうねりを解消し、その後もその水分を逃さないようにふんだんに保護成分が入っています。

比較表に戻る

4位「fino(フィーノ)

フィーノ

プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

資生堂「フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク 」を美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★☆☆☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★★★★

一言でいうと

最強のコスパヘアマスク!

フィーノのヘアマスクの特徴は、スキンケアに使われている2つの美容成分を配合した高保湿ができるアイテムです。

  • ローヤルゼリーEX配合
  • 毛髪ひきしめ効果PCA配合
  • グレースフローラルの香り

アミノ酸やミネラルを豊富に含み、毛髪内部の傷んだ部分に浸透して髪を保護・保湿してくれます。

実際に使ってみましたが、手触りや質感などかなり良くなります。ヘアマスク自体もしっとりしていますし、髪への浸透を手で感じることができるレベルです。

とはいえやはり価格に見合った内容になっているので、期待のしすぎは注意。やはりパワー不足を感じるため、髪質によっては効果を感じづらいかもしれません。

とくにくせ毛やロングヘア、補修成分もないためダメージヘアにも少し弱め。

わたしはくせ毛ですが少し物足りない内容でした。う〜ん残念。

つま

つま

ヘアマスクを使っている時はツルツルにはなりますが、乾かしてみると思ったよりも感じることができません。やはり期待しすぎるのはダメですね。

とはいえ確かに価格の安さはポイントです。さらに低価格なのに効果的な内容なので、それだけでも使う価値はあると思います。

比較表に戻る

3位「MUJI(無印良品)

ムジ ヘアパック

使いやすさ: ★★★★☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★★★☆

一言でいうと

「トータルバランス」の高いヘアパック!

MUJI(無印良品)のヘアパックは、シンプルかつ、品質の高さを感じることができるアイテムです。

  • 種類の植物オイル配合
  • 無添加・無着色・無鉱物油・アルコールフリー
  • シトラス調の香り仕上げ

実際に使ってみましたが、バランスが良いだけでなく、効果も高いヘアパックでした。

保湿力(しっとり感)もしっかりありつつ、ベタつくも少なく使用感のいいアイテム、それでいてトリートメントとしても効果が高いです。さらに香りも良いので、柑橘系の香りはリラックスすることもできるため、まさに非の打ち所がないアイテムでした。

成分構成はやや微妙なのは気になりますが、そこを考えないようにすると、かなり良い内容のアイテムになっています。

市販品と比較しても、頭一つとびぬけている使用感と保湿力の高さは、かなり好印象のアイテムでした。

私も使ってみて、くせ毛のおさまり度やしっとり感には少し物足りなさは感じましたが、それでも価格を考えると十分すぎる内容です。

気になる方はぜひ試してみてくださいね。

つま

つま

比較表に戻る

2位「&bio(アンドビオ)

アンドビオ

ピュアモイスト ヘアパック1.5

「&bio(アンドビオ)ピュアモイスト ヘアパック1.5」を美容師が実際に使ったレビュー記事【市販】

使いやすさ: ★★★✮★

使用感  : ★★★✮✮

コスパ  : ★★★★☆

一言でいうと

新しい毛髪科学「保水バイオ美容」の浸透ヘアパック

バイオテクノロジーとオーガニックの融合で、幅広く対応することができるシリーズ。

  • バイオテクノロジー原料50%、オーガニック原料50%の独自配合比率
  • 髪の平均水分量を上げることで仕上がりの質感を調整
  • ホワイトリュクスの香り

バイオテクノロジー原料とは、最新のバイオ技術によって培養された植物から貴重な美容成分を抽出し、生まれた原料です。

実際に使ってみましたが、バランスも良く、非常に使い勝手の良いアイテムでした。市販品でこれだけのクオリティがあるのならとりあえずおすすめできる内容でした。

そもそも、シャンプーとトリートメントとの間に挟むという設計のヘアパックなので、スペックを最大限活かすためには手間がかかるように感じますが、これどのアイテムでも共通なので、単品使いでも重ね使いでも問題ありません

少し分かりづらいので具体的に解説しますと、美容師として業務中では、ヘアパックやヘアマスクなどは基本的にはトリートメントの後に使用したりします(このアイテムは前ですが順番が逆なだけ)。よく勘違いがされる方がいらっしゃいますが、ヘアマスクをつけたらトリートメントをつけないということはなくて、両方使うのが基本的なセオリーとなります。

つまり、良し悪しの判断は重ねて使うことを前提に考えるのが個人的な判断となります。

このアイテムでは、ベタつきが一切なく、しっとりとパワーのある使用感はむしろ好印象の内容で、。重ねて使うことでもネガティブとなる感じもないのでかなり良かったです。

比較表に戻る

1位「8THE THALASSO(エイトザタラソ)」

エイトザタラソ

リッチコート&ハイモイスト 美容液ヘアマスク

使いやすさ: ★★★★✮

使用感  : ★★★✮★

コスパ  : ★★★★★

一言でいうと

新しい毛髪科学「保水バイオ美容」のヘアケアアイテム

バイオテクノロジーとオーガニックの融合で、幅広く対応することができるシリーズ。バイオテクノロジー原料とは、最新のバイオ技術によって培養された植物から貴重な美容成分を抽出し、生まれた原料です。

  • 最先端のスキンケア技術をかけ合わせたヘアケア
  • 髪の内外をトータルケア
  • 5つのフリー処方

さらにヘアケアだけでなく、エイジングケアまでできてる万能的なヘアケアアイテムです。

実際に使ってみましたが、ダメージヘアやくせ毛、ヘアカラー毛やパーマなどにも使いやすく、手触りを良くしたい場合には間違いなくオすすめになるアイテムの1つです。

保湿力も非常に高いため、矯正もとも相性が良いので、まさに万能なヘアマスクと言えるでしょう。

非常に使い心地は良い感じです、特にくせ毛との相性も良いためダメージヘアーだけでなくアプローチできる幅がとても広いなと言う印象。

私のようなくせ毛でロングヘアでまとまりづらい髪にも、とてもよくまとまってくれくせ毛もかなり緩和されたのでかなり気にいっています。

つま

つま

とはいえ、細毛や猫っ毛などボリュームが少し必要になる髪質の場合には少し相性が悪いなと言う印象もあります。

スポンサーリンク

ヘアマスクの効果的な使い方

【市販限定】「ヘアカラー」におすすめのヘアマスク&ヘアパック「TOP5」
きし

きし

ヘアマスクやヘアパックの正しい使い方についてもレクチャーします。 

ヘアマスクは基本的には、シャンプーの後に使います。

ヘアマスクの使い方は「毛先中心」

ヘアマスクは、洗髪(シャンプー)後に塗布
  1. 根本の髪から毛先までしっかりと水分をきる
  2. 毛先から「揉み込み」ながらつける
  3. 手ぐしですべらしていく
  4. コームで髪をキレイにする
  5. 時間をおくor流す

①まずすべきなのは根本から毛先までしっかりと水分をしぼって、水気をきります。水分が残っているとマスクが水分と一緒に流れてしまいます。

②毛先から揉み込みながらマスクをつけます。ギュッギュッと握るようにして髪の中に水分を入れ込みます。

③揉み込みの後は、髪の中間から毛先まで手ぐしですべらしてキレイにします。ダメージが気になる場合は、②と③を繰り返します

④その後にコームで髪をキレイに整えます。

⑤時間をおく、もしくは流しておわりです。

ヘアマスクのタイミングは「シャンプーの後」

きし

きし

へアマスクのタイミングは、シャンプーの後です。髪を洗髪すると素の状態である「素髪」になります。

その素髪状態がベストなタイミングです。

コンディショナーやリンスのつけた後につけるの?

というのもよくありますが、使用する前にヘアマスクをつけましょう。

ダメージホールに水分を入れ込むのが、コンディショナー(リンス)とヘアマスクの目的です。

コンディショナーやリンスに比べて、補修力が何倍も高いのがヘアマスクですが、コンディショナーなどを先に髪に入れ込んでしまうと、髪がパンクしてしまいます。要はコップから水が溢れてしまう現象です。

つまり、ヘアマスクのタイミングはシャンプーの後の「素髪」にした後です。

「5〜10分」時間おくのが最適

きし

きし

そのまま流しても効果はありますが、時間をおくことがヘアマスクの最適になります。

およそ、5〜10分ほどおくことで、髪に補修成分が浸透するので髪がやわらかくなってくる

  • 温かいホットタオルでターバン
  • 湯船に浸かって蒸気でスチーム

忙しい方は、上手く時間を管理して休日の日にしましょう。

ヘアマスクの頻度は髪の状態によって変える

ヘアマスクの頻度は髪のダメージ状態によって変えるのが最適
  1. カラー・パーマを1〜2回は週に2回
  2. カラー・パーマを2回以上は週に2〜3回
  3. ブリーチ毛は各日に一度

みたいな感じが最適だと考えています。

あまり頻度が高すぎると、上記でお話したように髪から水分が溢れてしまうだけなので、やりすぎには注意しましょう。髪質によってはベタつく可能性もあります。

スポンサーリンク

あとがき(Q&A)

まとめ
きし

きし

縮毛矯正におすすめのヘアマスクについてお話しました。

まとめ
  • 矯正毛はデリケート
  • とくにシャンプー&ヘアマスクはちゃんとしたものを使うべき
  • 加えて正しい使い方を知りましょう

矯正した髪はかなりデリケートなので、こういったヘアケアはしっかりとしてあげましょう。

つま

つま

縮毛矯正した髪はとてもデリケートで繊細な髪です。

なぜかと言うと、キレイに見えるために、そう感じることは少ないかもしれませんが、いつどうなっても仕方ない”ダメージヘア予備軍”のような状態だからです。

だからこそ、こういったヘアマスクやシャンプーといったヘアケアがとても大事になってくるのです。

最後にいくつかの質問をいただきましたので、こちらでQ&Aします。気になるものがあれば参考にしてくださいね。

ストレートパーマと縮毛矯正は違うの?

全く違います。

よく勘違いされている人がいますが、内容と目的には大きな違いがあります。

  • ストレートパーマは、パーマを落とすメニューで、くせを取ることはできない
  • 縮毛矯正は、くせ毛をストレートヘアにすることができる

詳しくは別記事にしているので参考にしてください。

ストレートパーマでも使えますか?

もちろん使えます。

大体の目的は似ているので、使うことでキレイになるはずです。

縮毛矯正のヘアケアには他になにがある?

ヘアマスクだけでなくシャンプーもヘアケアとして取り入れることができます。

その他には、髪に極力負担をかけないことを意識しつつ、習慣にすることも重要になります。

ぜひご参考ください。

Amazonでお得に買う方法

もしアマゾン(Amazo)でちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内で使えるAmazonギフト券のチャージ(購入)をおすすめしています。

現金でチャージするたび、チャージ額に対して最大2.5%分のポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額通常会員Prime会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
90,000円〜2.0%2.5%

Prime会員なら絶対に使うべきです、むしろ使わなきゃ損です。加えて、今なら初回チャージだと1000円分のポイントがもらえるキャンペーンあり!!

きし

きし

Amazonで買い物するなら、このチャージが便利でお得です!

\ 最大21%!驚異の還元率! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

きし かずき

きし かずき

美容師ブロガー

美容師をしながらブログを書いています。美髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

FOLLOW

カテゴリー:
スポンサーリンク
関連記事
関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *